〒444-0516 愛知県西尾市吉良町吉田亥改53-1

TEL0563-32-4180
駐車場完備吉良吉田駅より徒歩5分

みずとり歯科医院|幡豆郡/西尾市/吉良町/歯科/歯医者/小児歯科/インプラント/入れ歯/ノンクラスプデンチャー

口腔外科

Mobile Site

顎関節症

あまりなじみのない病名かもしれません。口をあけると耳のあたりでカクカク音がするとか、口を開けると痛いとか、更に悪化したものでは口が開けづらい、口が開かないなどといった開閉口(口の開け閉め)に関わる障害について、総称として「顎関節症」という病名がつけられています。

多くは20代の女性に多く認められる疾患ですが基本的にどの年齢層にも認められます。原因としては不正咬合(噛み合わせが悪い)、外傷(強く顎を打つなど過度の力が顎に加わったとき)、就寝時の歯ぎしり、くいしばり、うつ伏せでの就寝、頬ずえつき、固い食事の摂取、過度の開口、高齢者での合わない(噛み合わせがうまくできていない)義歯の使用、あるいは単なるストレスが発症の原因となるといわれています。

治療としては原因がはっきりしている場合は柔らかめの食事をとったり、大きな口を開けないなど注意を払うことで解消する場合もありますが、投薬やある種のマウスピ-スを装着して経過を見ていくこともあります。いずれにせよ、我慢されずにご相談ください。

下顎隆起除去術

口腔外科処置の一例として、「下顎隆起除去術」があります。
下の顎の奥歯がなくなった方には、基本的に入れ歯をまずおすすめします。
しかし、写真にみられるように、下顎の舌のある裏側に骨のこぶがある方がおられます。
このままでは、入れ歯の作成が困難になります。
本院では、虫歯の治療で使用する麻酔だけで処置を行います。


  • 骨のこぶ(下顎隆起)

  • 切除手術直後

親知らず

親知らずの抜歯(特に難抜歯)について

口腔外科処置のほとんどが親知らず(智歯)の抜歯が占めます。本来、親知らずは他の歯と同じように正常な位置、方向に生えているのであれば問題ないのですが、日本人の顎の大きさは昔の人に比べると小さいとされ、このため生える順番が一番最後の親知らずが、正常な位置に生えるスペースがなくなってしまい、顎の中に埋もれたままになったり、横に生えたりするケースが生じやすくなります。


※レントゲン撮影画像

もともと、奥歯はブラッシングが非常に難しい場所であり、汚れがたまりやすいので、親知らずが少しだけ口の中に見えている場合、汚れが蓄積して、そのまわりの歯ぐきに炎症をおこしたり、その歯が大きな虫歯をつくったりして痛みを訴えるケースがしばしばみられます。

また、横に生えている親知らずと、その前の奥歯との間に汚れがたまって、大きな虫歯をつくることもあります。
過去に親知らずの存在を指摘されていたり、奥歯の違和感を感じられる方は受診をおすすめします。

顎の骨はおおよそ20歳代後半から成熟するため、硬くなり抜歯が難しくなるばかりでなく、抜いた歯の傷あとの治りが遅くなることもあり、痛みが続くこともあるためなるべく若いうちに抜歯を受けられることをおすすめします。
特に、女性は妊娠中に親知らずにトラブルがおきると、抗生物質や鎮痛剤などが使用できなかったり、症状の悪化をみとめることがありますので、ご結婚される前の抜歯をお勧めします。

抜歯の難しさ、痛みの出かた、腫れの起き方についてはそれぞれの方によって歯の位置、骨の硬さ、抜歯後の出血の程度などによって異なります。また、骨の深い位置に親知らずが存在する場合、抜歯後に出血やしびれといった後遺症が起こることがあるため、CT撮影によって位置確認を行い、安全性を確認してから抜歯を行うこともあります。
(この場合のCT撮影では保険が適用されます。)


※CT撮影画像

PAGE TOP